About Ikebana International

Ikebana International (I.I.) is a non-profit cultural organization dedicated to the promotion and appreciation of ikebana, the Japanese art of flower arrangement. When the late Ellen Gordon Allen founded the organization in 1956, her dream was to create an organization uniting the peoples of the world through their mutual love of nature and enjoyment of ikebana. That dream has now spread to over 50 countries/area, with 161 chapters and membership of approximately 7,600 persons.
Ikebana International does not teach any single type of ikebana. Rather, it is an interest group made up of people of many nationalities who enjoy ikebana and other arts of Japan. Many of the members have studied ikebana; some have not.
Those who have studied ikebana have learned from many different schools. Some schools of ikebana stress classic styles; other focus on contemporary forms, and some blend the two. Each of the hundreds of schools of ikebana takes its own approach to arranging flowers. At I.I. meetings, students and teachers share openly their own schools’ inspirations, styles, philosophy, history, and techniques.
A unique feature of Ikebana International is that the organization was founded by and is still administered by volunteers.

いけばなインターナショナルの概要

一般社団法人いけばなインターナショナル(通称 I.I.)は、生け花の精神と芸術性に深い感銘を受けた米国人エレン・ゴードン・アレン夫人(Mrs. Ellen Gordon Allen)により、「花を通じての友好」をモットーに、1956年に東京に設立された国際的な文化団体です。国籍も所属流派も多様な会員が、生け花とそれに関連した日本の文化・芸術の紹介を通して相互理解と友好を深める活動をしています。
当初20数名で発足した組織が、今日では、全世界50数ヵ国および地域に161支部が設立され、会員数7600名を数えるまでに発展いたしました。日本国内には、札幌、仙台、東京、埼玉、鎌倉、信濃、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、福岡、沖縄の13支部があり、登録会員は2000名に達しています。
会の運営は、会員のボランティア活動を主体とし、国際法律事務所の助言、国際会計事務所の監査を受けて健全に行われています。

入会のご案内

経験の有無、所属流派を問わず、生け花に関心があり、国際交流に参加する意欲がある方はどなたでもご入会いただけます。手続きについては本部またはお近くに支部までお問い合わせください。ご入会前に、一度、支部の月例会にゲストとして参加されることをお勧めいたします。

本部の主な事業

1. 5年に1度「いけばなインターナショナル世界大会」を日本で開催
2. 世界7地域で開催される「いけばな地区大会」の支援
3. 全世界161支部の活動を支援
4. いけばな関係者の交流を推進
5. 世界各地の日本企業の文化活動に協力
6. 会員誌「IKEBANA INTERNATIONAL」を年3回発行
7. 活動広報誌(I.I. ACTIVITIES)、会報(SAKURA NEWS)の発行